Author Archives: takapta

リーガホテルゼスト高松 直営・契約駐車場のご案内

令和元年台風第19号災害義援金募金について(お礼とご報告)

令和元年10月21日~12月25日の期間中、本協議会に加入する小・中学校において、令和元年台風第19号災害義援金募金活動を実施しました。
子どもたちからも、何かできることはないかと、生徒会や児童会を中心に募金活動を行ってくれたり、バザーや合唱祭などの行事においても、PTAの方々が募金活動をしてくれたりと、
多くの皆様から温かいお気持ちが寄せられました。

みなさまからお預かりしました義援金は869,440円となり、令和2年1月9日(木)日本赤十字社香川支部へお届けいたしましたことをご報告させていただきます。
皆さまの温かいご支援、ご協力に感謝を申しあげますとともに、被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申しあげます。

お預かりした義援金:869,440円
寄付先:日本赤十字社

令和元年台風第19号災害義援金についてのお礼とご報告

 

一部の学校ではありますがご紹介させていただきます。

▽亀阜小学校のみなさん

▽下笠居小学校のみなさん

 

▽仏生山小学校のみなさん ONE❤HEARTプロジェクト

応援メッセージを花びらに書き、支え合いの木に花を咲かせてくれました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3回 教育フォーラムin高松

今年は「体験!これからの高松の教育」をテーマに、教育フォーラムin高松 が開催されます。
高松市教育委員会がめざすこれからの教育を、体験ブースや展示コーナーをとおして親子で体験してみませんか。

詳しくはポスターならびに各ブースの詳細をご覧ください。

お申込みは高松市総合教育センター(087-811-2161)まで。

たくさんのご参加お待ちしております。

保護中: 女性代表のみなまさへ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 第4回 会長研修会のご案内

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

書き損じ葉書回収事業のお知らせ

毎年実施しております書き損じ葉書および未使用テレホンカードの回収を今年もおこないます。
皆様から寄せられました葉書・テレホンカードは切手に交換、換金し、今年度も 社会福祉法人「弘善会」児童擁護施設 讃岐学園に品物にて寄付させていただきます。   

  1 回収品目    ◎書き損じ葉書(少量でも構いません)
            ※古い葉書(50円以外)でも受け付けます。
            ※一度投函された葉書、私製ハガキ(切手を貼らないと使用できないハガキ)は回収できません。

            ◎未使用テレホンカード
              ※未使用のもの
            ※結婚式や子どもの写真、住所などの個人情報が入っていないもの

 

  2 送付締切日    市P連へのしめ切りは1月31日(金)
            ※年間を通して回収しております。2/1以降の葉書に関しましては、次年度に繰越させていただきます。

  3 そ の 他   寄付についてのご報告は、3月末ごろ市P連ホームページにてお知らせ致します。

少しでも多くの葉書を集め、学園の子どもたちに届けたいと思っています。
ご協力、よろしくお願いします。

詳細はこちら→ 書き損じ葉書・未使用テレホンカード回収のお願い

今までの取り組み

【30年度】

◆ノートパソコン1台
◆食器類
◆目録一式

 

 

 

 

 

【29年度】

◆ノートパソコン2台
◆目録一式

 

 

 

 

 

 

 

 

【28年度】

◆布団3点セット 4組
◆布団カバー3点セット 2点
ジュニア組布団 2組
◆毛布 1点 
◆二段ベッド 1点  
◆木製カウンター3点
◆ハイチェアー ネイキッズ 6点 
目録一式

        

 

 

 

 

 

 

 

 

【27年度】

◆学習机  3台
◆学習椅子  12脚
目録一式

  

 

 

 

 

 

 

 

 

              

【26年度】
 ◆  ジュニア組布団トーマス柄4組/キティ柄3組  
 ◆ ジュニア掛けカバー 掛/敷 各1枚

            

 

 

第2回 食べてんまいコンテスト審査結果発表

食育は生きる上での基本!教育において「知育、徳育、体育」どれも大切ですが、それらの基礎となるべきものが食育であると食育基本法で定義されています。

夏休み期間を利用し、子どもたち自ら「食」の大切さを知り、「食」に対する意識の向上を図ってもらおうと「第2回食べてんまいコンテスト」を開催しました。

 

全校447作品の応募の中から一次審査(校内審査)を勝ち取った42作品の二次審査が11月8日(金)に行われました。

たくさんの愛ディア溢れるオリジナルレシピの中から各賞が決定いたしましたのでお知らせいたします。

受賞されました皆様、おめでとうございました。来年度もコンテストを実施します。たくさんのご応募お待ちしております。

 

【米うー(まいうー)部門】

 最優秀賞 

 「カラフルオリンピックカラーどん」

 直島町立直島小学校 5年 岡崎 太一 さん

 

 

 

 

 

 

優秀賞☆彡特別賞(2020年11月給食メニューに採用決定!)

 「いなりずしどん」 

 高松市立太田小学校 3年 清水 王貴 さん

 

 

 

 

 

 

優秀賞

「あっさりおいしい!和風ライスピザ」

高松市立新番丁小学校 5年 小嶋 璃子 さん

 

 

 

 

 

 

【八彩(やさい)部門】

最優秀賞

 「おいしく元気に!カラフルマリネ」 

 高松市立国分寺南部小学校 6年 石田 初音 さん

 

 

 

 

 

 

 

優秀賞

 「八彩たっぷり冷やしそうめん汁」 

 高松市立国分寺南部小学校 6年 穴吹 悠人 さん

 

 

 

 

 

 

 

【ぴっぴ部門】

 最優秀賞

 「ふしめんと緑黄色野菜のグラタン」 

 直島町立直島小学校 5年 真木 梨希 さん

 

 

 

 

 

 

優秀賞

「うどん入り山いも&じゃがいもグラタン」

高松市立新番丁小学校 5年 竹野 圭祐

 

 

 

 

 

 

【まんでがん部門】

最優秀賞 

 「じゃがいものピザ」 

 香川大学教育学部附属高松小学校 5年 工藤  舞 さん

 

 

 

 

 

 

優秀賞

「らりるれレタスのレモン風バターいため」

高松市立新番丁小学校 5年 細井 優花 さん

 

第44回 ファミリー読書感想文結果発表

今年も家族のふれあいや絆が感じられる、温かい作品がたくさん届きました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

先日、香川県教育会館にて二次審査会が行われ、109作品の中から上位入賞作品22作品が決定いたしました。
結果はこちらから→第44回結果発表

 

入賞されたみなさまには、後日、表彰式のご案内を送付いたしますのでご確認ください。

表彰式と発表大会を次のとおり開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

1 日  時  令和元年12月7日(土)14:00~15:10

2 場  所  高松市生涯学習センター 3階 多目的ホール

(〒760-0040 高松市片原町11番地1 電話:087-811-6222)

3 表彰対象者  ファミリー読書感想文入賞者 

4 日 程 

13:00  14:00                14:40       15:00        15:10

  受付

開会行事

入賞者表彰

・市長賞・教育長賞

・会長賞・優良賞

感想文朗読

市長賞 3組

審査委員講評

閉会行事

記念撮影

 

※  入選の方の感想文集「ふれあい」・賞状および記念品につきましては、後日、学校へ郵送させていただきます。表彰式当日の授与はございません。

メール連絡網 Android/iOS向けアプリ(無料)導入方法

メール連絡網に付随するアプリができました!

これまで携帯メールキャリアの配信遅延により、メール連絡網ご登録者に即時にメールが配信されない事
象が発生しておりましたが、アプリの利用により、スマホ・タブレット端末がインターネット環境に接続さ
れていれば、メールの配信状況に関わらず、通知が受け取れるようになります。
この機会に是非メール連絡網アプリをご利用ください。

導入方法はこちら→メール連絡網アプリ導入方法

高松ふしぎ発見隊!2019

日本三大花崗岩!庵治石の魅力発見~見て、触れて、感じてみよう~

                                  令和元年8月8日

 今年も募集定員を大幅に上回るお申し込みをいただきありがとうございました。
受け入れ先の方々にご協力いただき、先着60名のところ85名まで増員していただきました。ありがとうございます!!

 さて、このふしぎ発見隊!
自然体験学習を通して、子どもたちのより良い成長への環境づくりを考えるとともに、讃岐の歴史や由来、美しさを学び親子の触れ合いを図ることを目的として毎年実施されています。
今年も、高松ライオンズクラブ様、高松フェニックスライオンズクラブ様にご協賛いただき、庵治町周辺を探検してきました。

 古くから石材業のまちとして名高い牟礼町・庵治町。五剣山の麓から女体山にかけて点在する花崗岩層は世界に誇る良質な庵治石の宝庫となっており、その歴史はたいへん古く、平安時代ともいわれています。現在も約200の石材業者があり、日本三大産地のひとつとして最高品質の庵治石を最高の技術を用いて全国に送り出しています。


 

 

 

 

 

 そんな石材業にまつわる歴史を学ぼうと石の民俗資料館へ。大正末期から昭和にかけて使われていた道具や技術が巨大なジオラマで再現されており、昔と今の違いについて熱心に聞いていました。工場見学では、墓石や字彫り、彫刻などの作業風景を見学。全自動の機械を使って加工するところもあるそうですが、細部は今も職人さんの手作業で行われており、世界に誇る技術の素晴らしさを目の当たりにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壮大で迫力満点の丁場では、実際に使われている道具を使用しての石割体験!セリ矢をハンマーで打ち込みながらカンカンと響く音に耳を澄ませます。亀裂が入り大きな石が割れた瞬間、歓声があがっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庵治石を使ったハーバリウム作りにも挑戦!大人も夢中になって作成しました。個性豊かで素敵な作品ができあがりました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界に誇る庵治石。その魅力と歴史を目で見て、触れて、感じられたとても貴重な体験となりました。
ご協力いただきました企業のみなさま、ありがとうございました。