Author Archives: takapta

高松ふしぎ発見隊!募集

この応募は募集人員に達したため、受付は終了しました。

今後も親子で参加できる楽しい企画を考えて参りますので、よろしくお願い致します。

 

平成29年度 市P連家庭教育推進委員会事業としまして

今年も「高松ふしぎ発見隊!」が出動します。

峰山古墳ni大興奮!

         ~スウィートでふしぎな大冒険~」

を企画いたしました。

夏休みの自由研究として、親子のふれあい事業として、ぜひご応募ください。


※人数に制限があります。受付開始は7/12(水)9:00~FAXのみ の受付とさせていただきます。
たくさんの応募お待ちしております!

応募用紙のダウンロードはこちら→★高松ふしぎ発見隊_B4横

こどもSOS向け災害見舞金規定

本協議会では、「こどもSOS家運動」の協力者の皆様に安心して活動していただけるよう、災害見舞金規定を設けています。
子どもを守る活動中に不審者の加害行為によって、身体障害を被り、死亡・後遺障害・入院または通院をした場合や建物や所有物が壊された場合に、協力者に見舞金を支払いするものです。

各単位PTAにてご検討いただき、是非とも本規定にご加入いただきますよう、よろしくお願いいたします。

災害見舞金規定はこちら→★こどもSOSのご案内
加入申込書はこちら→★こどもSOS加入申込書

広報紙づくり研修会 5月10日(水) 高松テルサ

「目指してみませんか?」

 読まれるPTA広報紙作りの研修会が、四国新聞シニア編集室の明石安哲氏を講師にお迎えして行われました。

 まず、広報紙は学校行事の報告書や学校新聞ではなく、PTA活動の実態を知らせるものであること。また、アルバムのような写真集ではなく、写真は記事の補強材料であることを教えていただきました。

 今回は、見出しの付け方やレイアウトの仕方等も教えて頂きましたが、紙面作りの技術だけでは人に通じない、伝えたいという思いが大切であることも教わりました。そして、読んで興味を持ってもらえる紙面作りには、編集会議を重ねることが大切で、誰かの意見だけでなく、みんなの意見を反映させられると良いものができることを学びました。編集するということは、議論をして序列をつけること、なぜその順序なのかきちんと理由をつけることだそうです。

 遠慮せず議論し、意見を言い合える組織作りは、どんな時にも大切なものかもしれませんね。そのような仲間と一緒に、会員の方々に関心を持って読まれ、また、発見や気づきを提供できる紙面作りを目指しましょう。

第24回 広報紙コンクール審査結果

受賞校が決定!

3月28日(火) 19:00~ 香川県教育会館にて広報紙コンクール審査会が行われ、受賞校が決定いたしました。

今年度は小学校37校、中学校15校の応募がありました。
以前は、学校だよりのような広報紙が多かったのですが、ここ数年はPTAの活動内容を多く取り入れたり、アンケートを掲載してみたりと、PTA新聞らしい広報紙が随分と増え、読み応えのある広報紙が増えました。

入賞されたPTAのみなさま、おめでとうございました。

なお、今回受賞されたPTAの中から10点、香川県PTA連絡協議会の広報紙コンクールへ応募させていただきます。

審査結果はこちら→28審査結果表(24回)

書き損じ葉書回収事業

2016年12月~2017年2月の期間中、各単位PTAにて書き損じ葉書、テレホンカードの回収を行いました。

募金の総額は211,729となりました。お預かりした募金は、社会福祉法人「弘善会」児童養護施設 讃岐学園と相談し、以下の品物に変えて寄付いたしました。

皆さまの多大なるご支援、ご協力に心より感謝いたします。 

 

【   【寄付した品物】(ふとんの伊月)

◆布団3点セット 4組

◆布団カバー3点セット 2点

ジュニア組布団 2組

◆毛布 1点 

◆二段ベッド 1点  

◆木製カウンター3点

◆ハイチェアー ネイキッズ 6点 

目録一式 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水素のチカラ

出前授業「わくわく水素教室~水素カーがやってくる!~」

 

次世代エネルギーの中核を担う水素エネルギーについて知ってもらおうと、四国岩谷産業(株)のご協力を得て、花園小6年生、植田小5年生、川添小6年生がわくわく水素教室を受講しました。地球温暖化のしくみやクリーンエネルギー・水素の特性について、また、水の電気分解によって水素を発生させる実験も行いました。さらに、香川トヨペットの協力を得て、燃料電池自動車「MIRAI(ミライ)」の見学も行われました。

川添小学校

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

植田小学校

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花園小学校

 

ファミリー読書感想文表彰状および発表大会

                         12月10日(土) ファミリー読書グループ
高松市生涯学習センター 多目的ホール 

 第41回ファミリー読書感想文表彰状および発表大会が行われました。
この取り組みは、夏休みを利用し、同じ1冊の本を家族で読み感想文を書くことで、本を読む楽しさと家族との対話を深め、健全な家庭づくりを推進することをねらいとしています。

今年も110組の感想文が寄せられ、厳選なる審査の結果、26組に対し表彰状が贈られました。市長賞3組の朗読を聴いた参加者からは、

「感想文の枠を越え、実体験やこれからの決意表明なども交えた親子の絆が感じられる作品だった。とても感動した。」

との声も。

 メディアの急速な普及により読書離れが懸念されている今、あえて読み聞かせや読書に取り組まれてみてはいかがでしょうか。夢や希望、ときには人生を大きく動かすこととなるような1冊の本との出会いが待っているかも知れません。

受賞されたみなさん、おめでとうございました。

最優秀賞(向かって右:市長賞、左:教育長賞)のみなさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優秀賞のみなさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優良賞のみなさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3回教育委員会と市P連との意見交換会

 教育委員会が保護者の声に耳を傾け、お互いに理解しあうための意見交換会が行われ、藤本教育長をはじめ4人の教育委員、市P連からは保護者代表として未来の学校検討委員、役員から15名が参加しました。


学校施設の現状改善やインクルーシブ教育についてなど、子どもたちの学校における教育環境についてや、経験豊富な教育委員さんの子育てについてもお聞かせいただきました。

教育委員会と私たちPTAが共に力を合わせて、子どもたちを見守ることの重要性を再認識した大変有意義な会となりました。

 

書き損じ葉書回収事業のお知らせ

毎年実施しております書き損じ葉書および未使用テレホンカードの回収を今年もおこないます。
皆様から寄せられました葉書・テレホンカードは切手に交換、換金し、今年度も 社会福祉法人「弘善会」児童擁護施設 讃岐学園に品物にて寄付させていただきます。   

  1 回収品目    ◎書き損じ葉書(少量でも構いません)
            ※古い葉書(50円以外)でも受け付けます。
            
※一度投函された葉書、私製ハガキ(切手を貼らないと使用できないハガキ)は回収できません。

            ◎未使用テレホンカード
              ※未使用のもの
            ※
結婚式や子どもの写真、住所などの個人情報が入っていないもの

 

  2 送付締切日    市P連へのしめ切りは2月1日(水)
            
※年間を通して回収しております。2/1以降の葉書に関しましては、次年度に繰越させていただきます。

  3 そ の 他   寄付についてのご報告は、3月末ごろ市P連ホームページにてお知らせ致します。

少しでも多くの葉書を集め、学園の子どもたちに届けたいと思っています。
ご協力、よろしくお願いします。

今までの取り組み

【26年度】
 
◆  ジュニア組布団トーマス柄4組/キティ柄3組  
 ◆ ジュニア掛けカバー
 掛/敷 各1枚

               支払い計  110,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【27年度】

◆学習机  3台
◆学習椅子  12脚
目録一式

                 支払い計 157,311円 

「心地いい家族のカタチ」

 

                     家庭教育推進委員会/家庭教育講演会

10月22日(土) 生涯学習センター

 

 掃除、洗濯、炊事にゴミ出し。一見、なんてことはないと思われがちな『家事』ですが、これってやればやるほどすごく奥が深く、そのうえ子どもの送り迎えにPTA活動などの育児も加わり主婦(主夫)って何かと大変ですよね。

 そこで今回は、家族と家事の在り方を考えてもらおうと、家庭教育講演会「楽家事でいこう~きっと毎日が楽しくなる~」をテーマに、大学卒業後、サラリーマンなどを経て結婚し、主夫になられた山田亮氏(家事ジャーナリスト)をお迎えし、高松市生涯学習課との共催事業として家庭教育講演会を行いました。

 男女平等の理念を受け入れた日本。「男は仕事、女は家庭」といった図式は、男女関係なく同じ条件で仕事をしているのだから男性にも家事・育児が求められるのは当然という声がある反面、依然として育児は母親がすべきという声もあり賛否両論あるでしょう。しかし、男性の家事・育児を推奨する声もあることから、抵抗感も減り、共同化・共家事しやすい時代となっていることも事実です。

『家事は出来る人が出来ることをすればいい』

 例えば、ご飯を食べた後の食器を水につけてくれるだけでも食器洗いが楽になります。ひとりひとりができることを実践するだけで楽家事に繋がります。

『男性の生活自立が夫婦を救う』

 人は皆、男性であっても女性であっても、いつかは誰もがひとりになる可能性があります。幸せな老後をおくるには、ひとりになってしまったときに自立して生きていけるよう、準備をしておくことが大切です。あなたの自立度をチェックしてみましょう。

いかがでしたか?たくさん□が入るほど自立している証しです。

実際に家事を手伝うようになった男性からは、

  • 妻の行動に理解を示すようになり、妻に対する気持ちが変わった。
  • 子どもと接する時間も増え、家庭内の雰囲気が良くなった。

という意見もありました。将来を見据え、子どもたちにお手伝いさせることも大切ですね。

 毎日楽しく家事を行い、あなたらしい家族のカタチを創ってみてはいかがでしょうか。