会員のみなさまへ

本当は怖い自転車の話


(子どもの安全推進委員会 生活指導者研修会・会長研修会)
7月5日 アルファあなぶきホール大会議室

2013年12月1日から改正道路交通法が施行され、自転車が道路の右側にある路側帯を走ることが禁止されました。道路交通法上、自転車は「車両」である。何度も言われている事ではありますが、今ひとつピンと来ないものです。免許もなく、子どもから大人まで自由に乗ることができ、楽しい乗り物であるとともに、便利な道具でもあります。しかし、使い方を間違えると、事故を起こしてしまい、自分の命を失うこと、相手の命をうばうことにもなりかねません。そこで、今回の会長研修会・生活指導者研修会は、のぞみ総合法律事務所弁護士 馬場 基尚 氏をお迎えし、「さぬきベロ街~本当は怖い自転車の話~」をテーマに、自転車にまつわるお話を伺いました。

ある事例では、当時小学5年生だった子どもが運転する自転車と62歳女性が接触し、女性が寝たきりとなる事故が起こりました。賠償責任としその子の親に対し9,500万円の支払いを命じるという驚きの判決がでたのです。たかが『自転車事故』と思われる事故でも、相手の生命に関わると加害者の年齢を問わず、億単位の賠償責任が発生します。 自転車事故で問われる責任は、道路交通法の規制を受ける為、刑事責任・民事責任を負う事になるのです。我が家に置き換えて考えると、何とも恐ろしい、まさに『本当に怖い話』になってしまいます。

 高松市の自転車事故件数は、10万件以上と全国276都市でワースト1位。道路でおきる事故のうち2割が自転車絡みの事故。そのうち、6割が子どもとお年寄りだそうです。子どもが自転車を利用するようになると行動範囲が広くなり、交通事故の危険性も増していきます。
子どもは、実際に怖い目に合い、経験することによって社会に適合するようになっていくそうですが、実際に事故に遭わせるわけにはいきません。自転車のことも、保護者としてきちんと教える事が重要であり、怖い話を伝えていくことも大切であると馬場先生はお話されました。
自転車は原則として道路の左側を通らなければならない等、正しいルールを守り、譲り合う誠心を忘れずに利用すれば、こんなに便利な道具はありません。ちょっとだけ。と思ったルール・マナー違反が、思わぬ大事故になりかねないのです。
加害者にも被害者にもならないよう、まずは私たち大人から法律をきちんと理解し、ルールやマナーを守って乗らなければならないと改めて思いました。 

  

 

感想文は感動文である

(女性代表委員会 ファミリー読書グループ)
7月15日 サンメッセ香川特別会議室

 『冊の本を通して家族のきずなを深めよう。』
ファミリー読書グループでは古川敬子先生(高松市立香南小学校教頭)を講師にお迎えし、「読書感想文の書き方研修会」を行いました。前半は、読書感想文を書くことの意義や、実際に書くときの方法、文章の組み立て方などを、詳しく説明していただきました。本のあらすじの中に、自分や家族の経験と似ているところを探したり、主人公を自分におきかえてみることで、ずいぶんと感想が書きやすくなるそうです。また、そのときの気持ちや感情をすなおに書き綴っていくことが大切であるとお話されました。また、題の付け方にもひと工夫することで、ぐんと良い感想文に仕上がるそうです。


 後半は、実際に1冊の本を読んで思ったこと、感じたことをグループに分かれて話し合うワークショップを行いました。ひとりひとりが感じたことを付箋に書き出し発表しました。
この方法はご家庭で感想文に取り組むときにも有効で、子どもの感想や、思いついた言葉などを、どんどん付箋やカードに書き出すことで、大事なものかそうでないものか整理しやすく、組み立てる時に大変まとめやすいそうです。


 「本を選ぶときは、物語もいいが、実体験につながる本や子どもの興味のある本を選ぶことが大切。」
 「感動がなければ、感想文は書けない。感想文は感動文である。」
古川先生が研修会のなかでお話された、この2つのフレーズが、とても印象的でした。
 

ここで、古川先生が学校図書館で見つけたお勧めの本をいくつかご紹介します!
・りんごかもしれない(ブロンズ新社)
・むらをすくったかえる(サトシン)
・100かいだてのいえ(いわいとしお)
・まだまだつづきがあるのです(ほるぷ社)
・まるまるまるのほん(ぽプラ社)

低学年向けの本ではありますが、大人が読んでも楽しめる内容でした。みなさんもぜひご家族で読み語り合ってみませんか。

 

「PTA広報紙の役目とは」


(女性代表委員会 広報グループ)
5月13日 香川県立文書館

 四国新聞社シニア編集室 明石 安哲 氏をお迎えし、各PTA広報担当者を対象に、広報紙づくり研修会が行われました。
 先生がご用意してくださったのは、全国PTA広報紙コンクール受賞作品。全国の小・中学校PTAから応募のあった5,707校の頂点に輝いた作品でした。その広報紙は、今までに見たことがなく、会場からは驚きの声があがりました。
『プロが作ってるみたい。』
『文字がいっぱい・・・』
市報か何かの小雑誌のように、見た目はスッキリとまとまり、それでいて内容はギッシリ!思わず手に取って読みたくなるような広報紙でした。

まず、目に飛び込んできたのは、見出し!
「PTAって何?」
「PTAの活動についてQ&A」
「PTA覆面座談会」
など、伝えたい記事の内容がたった何文字かの【見出し】に凝縮されていました。
「見出しにニュースはあるか、PTA最大のニュースは何か、PTAの広報紙なのだから、PTAについて何かを語っていなくてはならない。」
と、明石先生はお話されました。

●まず、PTA活動そのものの意味を知り、皆に広める。
●やるべきことを見つけ、それを広報する。
●広報紙を読んだ人からの反応や意見を集約し、また新たな広報紙を作成する。

以上の事が広報紙の役目なのではないか。と、大切なことに気づかせて頂きました。写真ばかりの『アルバム』ではなく、『広報紙』としてしっかりと伝えてくことも重要だと感じました。
 私たちの広報紙をきっかけに、より良いPTA活動が生まれてくることを願い、広報紙づくりに取り組みたいと思います。

 

あなたは親として良いモデルですか?


(女性代表委員会 企画・運営グループ)
         5月13日 香川県立文書館

平成26年度、第1回目の女性代表委員会を行いました。今年度初めてということもあり、新しく女性代表になられた方は少し緊張ぎみ。そんな中、香川大学教育学部長 山神 眞一氏をお迎えし講演会はスタートしました。今回のテーマは、『あなたは親として良いモデルですか?』
なんとも耳の痛いお言葉・・・。
 

現代の子どもは、心もからだも以下のような特徴があるのだそう。
  ●「硬い」・・・対人的愛情不足からくるもので、思いやりがない。
  ●「冷たい」・・・対人的信頼感の欠如から、人と共存できない。
  ●「反応が鈍い」・・・対人的社会性の未発達から社会的ルールを守らない。
これは、自他を尊ぶ心が未成熟であるという課題の現れである。と先生はお話されました。

では、家庭では、どのようにして子どもと接していけば良いのでしょうか。
子どもを育てる3カ条は「みる」「きく」「さとす」だそうで、それぞれ、辞書を引けばさまざまな意味を持った漢字が出てきます。「見る・聞く・さとす?」と考えた人も多いのではないでしょうか。一度辞書を引いてみるといいかもしれませんね。その中で最も大切な関わりを持っているのは、
  ○「みる」=鑑みる(姿見・手本・戒め)
  ○「きく」=訊く(探し求めてきく・尋ねる)
  ○「さとす」=諭す(気づくように導く)
だそうです。
 また、子育てにおいてすべきことは「気にかける」「眼をかける」「声をかける」だそうで、常に温かいまなざしで見守っていくことが重要であるとお話されました。子育てにおいて悩みや不安も多く、ついつい手を出したり、口を出したりしてしまいがちですが、子どもの心身の成長には、親の関わり方がとても重要であることを教わりました。
最後に、山神先生から教わった【子育ての四訓】を紹介します。

~子育ての四訓~
一、乳児はしっかり肌を離すな
一、幼児は肌を離し手を離すな
一、少年は手を離し眼を離すな
一、青年は眼を離し心を離すな

親として少しでも良いモデルになれるよう、子どもと共に成長していきたいですね。

 

第21回 市P連広報紙コンクール

 3/25(火)18:00~教育会館にて 広報紙コンクール審査会が行われました。
今年度は小学校32校、中学校16校、計48校の応募がありました。ご応募ありがとうございました。

 今年度は、5月に「広報紙づくり研修会」を開催したことによって、新聞内容がガラリと変わっていることに審査員長はじめ 審査員すべての人が驚いておりました。
後半になるにつれ、とても良くなっているとのことでした。

 見た目(レイアウト)も大切ですが、学校行事ばかりではなく、地域とのかかわりや、PTAとしての活動を取材・記載したり、 アンケート集計を行い、保護者が知りたいであろう記事を記載しているなど、内容を細かく確認されていました。
昨年に比べ、 広報紙が進化している。技術を磨いて、大きなステージ(全国コンクール)に向けて今後がんばってもらいたいと明石審査員長(四国新聞社)はお話されました。


 授賞式は、平成26年度 市P連総会の席上で行います。

・日 時 5月27日(水)19:00~
・場 所 高松テルサ 大ホール


受賞されました単Pの皆さま おめでとうございました。
審査結果はこちら→25審査結果表(21回)

 

今日からあなたも大丈部!

平成26年2月18日(火)
香川県立文書館 視聴覚ホール

今年度最後の研修会は、香西ボディバランス研究所代表、香西 弘先生をお招きし、
『気づいてください 本当の元気に! ~合い言葉は 大丈部!!~』をテーマに、講演会を行いました。まずはお母さんの笑顔と元気!子どもたちにとってお母さんの笑顔と元気は一番の栄養です。お母さんが元気でいることで、子どもたちは安心して健やかに成長できるのです。「自分の健康は自分で守ろう!元(もと)の気に戻れば元気になれる。」と “元気“の秘訣をたくさん語っていただきました。
「風邪は背中からひきます・・・背中を温めよう!全ては体を動かすことから。」と冷たくなった指先を温める簡単な体操、夜寝る前に大きく足踏み、朝起きてからはつま先立ち、かかと立ちを交互にする、ギッコンバッタン運動など、実際に体験しながら体を動かす動作の一つ一つにある効果を教えていただきました。
参加者からは
 病気にならないためには、運動をして血液を身体中に循環させることだと知りました。教えていただいた簡単な体操を続けてみようと思います。
 運動不足、子どもたちの体力低下が問題視されている今、私たち親世代から進んで運動をすることの大切さを学びました。
などの声が・・・。普段どれほ体を動かせていないか、伸ばせていないかがわかりました。
ボディバランス研究会は、「大丈部!!」を合い言葉に「大丈夫」を伝えるため、イベント・企画・セミナーなどのチームとしても活動されています。
健康を心がけ、まずは私たちが元気になり、子どもたちに伝えよう!と体を動かすことの大切さを、言葉と体全体で表現してくれました。とても楽しい講演会でした。日々の生活の中で、時間をとって、私たちも元気な体づくりを心がけてみようと思いました。

土曜学習に関する意見交換会 


                                            未来の学校検討委員会 2月12日(水) 高松市役所101会議室

平成25年11月29日、文部科学省から土曜日の教育活動の推進に係る学校教育法施行規則の一部改正が次のように発表されました。

文部科学省では、子どもたちに土曜日における充実した学習機会を提供する方策の1つとして土曜授業を捉え、設置者の判断により、土曜授業を行うことが可能であることをより明確化するため、このたび、学校教育法施行規制の一部を改正する。また、あわせて、子どもたちの土曜日の豊かな教育環境の実現に向けて、地域や企業の協力を得て、【土曜日の教育活動推進プロジェクト】を進めていくこととする。

改正前の内容では、『公立学校の休業日については、国民の祝日や、土曜日、日曜日、学校教育基本法施行令第29条の規定により教育委員会が定める日』であったものが、改正後は、『公立学校において、地方公共団体の教育委員会が必要と認める場合は、土曜日に授業を実施することが可能である』ことが明確化されました。
高松市では確かな学力を身につけるための支援策として、平成25・26年度の2カ年計画で、3中学校(勝賀・香東・鶴尾)を研究指定校に土曜学習を実施することとなりました。
市P連未来の学校検討委員会では、平成25年10月に前記の3中学校に対し、土曜学習に関するアンケート調査を実施し、この結果をもとに平成26年2月12日(水)、教育委員会学校教育課・生涯学習課との意見交換会を行いました。参加者の関心は高く、多くの質問や意見が出され、学校教育課の担当者からは、教育委員会としての取り組みの現状や期待される効果などについてお話しをいただき、大変有意義な意見交換会となりました。
高松市教育委員会では、月2回程度の土曜日(年間24回程度)で、1日3時間程度教員(任意参加)や地域ボランティア、学生等の指導の下、自主学習等を行う学習の場を提供することにより、学ぶ意欲を高め、家庭学習の習慣づけを促すとともに、基本的な学習習慣を確立することを目的に土曜学習を実施しているそうです。学力状況調査日本一の秋田県の子どもたちは、決して塾通いが多いわけではありません。どちらかというと、高松の子どもたちのほうが、塾通いが多いと言われています。ではどこが違うのでしょうか。それは、【家庭学習習慣】だそうです。低学年の頃から、少しでも机に向かう時間を習慣づけることによって、学習に対する意欲が高まり、学力が身につくそうです。土曜学習を行うことでの学力向上も期待されますが、保護者としては普段からの家庭学習にも気を配ることが大切です。少子化、核家族化により子どもたちを取り巻く環境は昔と比べ随分変わってきましたが、子どもを想う親の気持ちに変わりはありません。私たち保護者も、子どもたちが学びやすい環境を整えるために、もっと行政や学校と協力をしていく必要がありそうです。

ケータイ安全教室

1月25日(土) e-とぴあ・かがわ 

 今日,私たちの生活の様々な場面で使われ,子どもたちにとっても身近な存在となっているケータイ。そのケータイを利用することで世界が広がる反面,サイトを通じた出会いのトラブルや誹謗中傷などのネットいじめが大きな社会問題となっています。
そのような状況の中,単位PTA会長研修会において「子どもをトラブルから守るために ケータイ安全教室」のテーマで,NTTドコモ,e‐とぴあ・かがわの方による講話が行われました。その中で,再現ドラマや実話をまじえたお話では,子どもたちに「サイトを通じて知り合った人とは会わない」「個人情報や居場所が特定されるような書き込みはしない」等を伝えておくこと,また,アプリを利用する際には,不必要な情報を抜きとられないために,信頼性に関する情報を自ら入手し確認することが重要であること,そして,トラブル防御方法としては,アクセスを制限するフィルタリングサービスや年齢判定サービスがあることを知りました。
その後,講演をふまえたワークショップが行われ,皆で家庭でのケータイルールについて考えました。「9時以降は使用させない」「親の目の届く所で使用させる」「本当に必要な時だけ使用させる」等の意見が出されました。
子どもたちをトラブルから守るためには,私たち大人が現状を認識し,日頃から子どもとのコミュニケーションをとることが大切だということを改めて学んだ貴重な時間となりました。

ファミリー読書感想文表彰式および発表大会

平成25年12月14日(土) 高松国分寺ホール

第38回ファミリー読書感想文表彰式および発表大会が行われました。今年も家族の「ふれあい」「絆」が感じられる作品がたくさん寄せられ、高松市内の小中学校から146組の受賞者が表彰されました。

ファミリー読書感想文の審査委員長で、高松市立木太小学校長の藤木康士先生は、

「活字離れが進んでいる昨今、ファミリー読書の果たす役割は大きい。読書を好きになるには心に響く本と出会う体験が大切だと思うが、そう簡単なことではない。ファミリー読書では、親がそれとなく読んでほしい本をこどもにうまく出会わせるケースや、こどもが楽しそうに読んでいる本に親が興味を持ち寄り添うケースが見受けられ、一冊の本を通して家族の絆が深まっていく様子が感じられる。家族で受賞というのは他にはないファミリー読書の素晴らしいところだ。次の世代に本を通して、家族の絆が深まっていくことを願ってる。」と話されていました。

子どもと同じ本を読み感想を書くというのは大変な作業ですが、その経験はきっと財産になることでしょう。
受賞された皆様、おめでとうございました。

 

第42回四国ブロックPTA研究大会 高知大会

平成25年11月17日(日)

  第42回四国ブロックPTA研究大会 高知大会に参加してきました。
   「子どもたちのしあわせのために、そして私たちの未来のために」のスローガンのもと、四国各地から約800名が参加しました。

 基調講演として文部科学省教科書調査官の長田 徹さんより

     「学校・家庭・地域の絆がはぐくむ子どもの姿」

をテーマにお話がありました。宮城県出身である長田さんは東北大震災での避難所の運営を行い、震災経験を通して見えたこと、また震災直後の学校や子どもたちの様子、地域としてやるべきことなどをお話しされました。学校支援システム(学校を核とし、家庭、地域と連携して学校教育を支援する体制)が整っている地域は、震災後も大きな混乱はなかったそうです。地域住民総がかりでの子育てを目指し、教室内、家庭内での学びを実社会と直結させる工夫(斜めの関係)作りが大切だとお話されました。

      「学校に近い地域住民こそPTA

              地域に住み続ける学校関係者こそPTA

    学校にも地域にも最も近いPTAから地域に発信し、『顔の見える関係』  『名前を呼び合える関係』  『支え合える関係』を構築していきましょう。
普段からの何げない絆こそ、危機的状況を乗り切る強い力となるはず・・・と長田さん。
 みなさんの地域は『絆』できてますか?