知っとく情報

第42回ファミリー読書感想文審査結果

今年も家族のふれあいや絆が感じられる、温かい作品がたくさん届きました。

1冊の本を通して、家族が語り合う・・・とてもステキな時間だと思います。

10月30日(月)、香川県教育会館第5会議室にて二次審査が行われ、131作品の中から上位入賞作品27作品が決定いたしました。

入賞されたみなさまには、後日、以下のご案内をお送りさせていただきますのでご確認ください。

 

表彰式と発表大会を次のとおり開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

1 日  時  平成29年12月9日(土)14:00~15:00

2 場  所  高松市生涯学習センター 3階 多目的ホール

(〒760-0040 高松市片原町11番地1 電話:087-811-6222)

3 表彰対象者  ファミリー読書感想文 上位入賞者(別紙のとおり)

4 日 程 

13:00  14:00                14:40       15:00        15:10

  受付

開会行事

入賞者表彰

・市長賞・教育長賞

・会長賞・優良賞

感想文朗読

市長賞 3組

審査委員講評

閉会行事

記念撮影

 

※  入選の方の感想文集「ふれあい」・賞状および記念品につきましては、後日、学校へ郵送させていただきます。表彰式当日の授与はございません。

 

家庭教育講演会(第3回会長研修会/第2回女性代表研修会)のご案内

怒り(アンガー)をコントロール(マネジメント)しよう!

みなさんは、職場でムカムカしたり、思い通りにならなくてイライラすることありませんか?
一時的にカッとして物や人にあたってしまったり、人を傷つけてしまったりしたり・・・・・・
子育て中の人は、子どもに対してつい感情的に怒ってしまい寝顔をみながら後悔・・・・・・なんてことも。


今回の家庭教育講演会は、そんな怒りを自らコントロールし、自分も周りも笑顔になろう!というものです。

アンガーマネジメントとは、1970年代にアメリカで生まれた心のトレーニングのこと。誰にでもある「怒り」という感情。この「怒り」を上手にコントロールしたり、ポジティブなものへ変換させたりできるようになることで自分も周りの人も笑顔になれるのです。みんなが笑顔になる「怒り」のコントロール術をぜひ学んでみませんか?皆様のお越しをお待ちしております。

チラシ→★ チラシ_s

研修会募集→案内10.21


第46回 日本PTA四国ブロック研究大会 高知大会について

第46回 日本PTA四国ブロック研究大会 高知大会

今年度の四国ブロック研究大会は高知県で開催されます。
みなさん、ぜひご参加ください!

申込み用紙はこちらからダウンロード→申込み書

 

夜回り先生 いのちの授業

香川県学校薬剤師会より教育講演会の案内がありましたのでお知らせいたします。

■日  時:平成29年10月15日(日)13:30~

■場  所:かがわ国際会議場(高松シンボルタワー6F)

■基調講演:「いのちの授業によせて」
■講  師:篠原 幸雄(香川県学校薬剤師会 会長)

■特別講演:「いのちの授業-優しさと勇気の育てかた-」
■講  師:水谷  修(教育評論家)

 

香川県学校薬剤師会では、将来ある子どもたちが、乱用薬物に手を出さないための予防教育のひとつとして、毎年教育講演会を開催しています。
みなさま、ぜひご参加ください!

参加申込書はこちらから→教育講演会チラシH29

 

ファミリー読書感想文募集

今年もファミリー読書感想文を募集いたします。

夏休みを利用し、お子さんと一緒にひとつの本を通して触れ合ってみませんか?

たくさんの応募をお待ちしております。

募集要項はこちら→29応募票(配布用)

高松ふしぎ発見隊!募集

この応募は募集人員に達したため、受付は終了しました。

今後も親子で参加できる楽しい企画を考えて参りますので、よろしくお願い致します。

 

平成29年度 市P連家庭教育推進委員会事業としまして

今年も「高松ふしぎ発見隊!」が出動します。

峰山古墳ni大興奮!

         ~スウィートでふしぎな大冒険~」

を企画いたしました。

夏休みの自由研究として、親子のふれあい事業として、ぜひご応募ください。


※人数に制限があります。受付開始は7/12(水)9:00~FAXのみ の受付とさせていただきます。
たくさんの応募お待ちしております!

応募用紙のダウンロードはこちら→★高松ふしぎ発見隊_B4横

書き損じ葉書回収事業

2016年12月~2017年2月の期間中、各単位PTAにて書き損じ葉書、テレホンカードの回収を行いました。

募金の総額は211,729となりました。お預かりした募金は、社会福祉法人「弘善会」児童養護施設 讃岐学園と相談し、以下の品物に変えて寄付いたしました。

皆さまの多大なるご支援、ご協力に心より感謝いたします。 

 

【   【寄付した品物】(ふとんの伊月)

◆布団3点セット 4組

◆布団カバー3点セット 2点

ジュニア組布団 2組

◆毛布 1点 

◆二段ベッド 1点  

◆木製カウンター3点

◆ハイチェアー ネイキッズ 6点 

目録一式 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成28年度 家庭教育講演会 

 心地いい家族のカタチ

                           家庭教育推進委員会/家庭教育講演会

10月22日(土) 生涯学習センター

 

 掃除、洗濯、炊事にゴミ出し。一見、なんてことはないと思われがちな『家事』ですが、これってやればやるほどすごく奥が深く、そのうえ子どもの送り迎えにPTA活動などの育児も加わり主婦(主夫)って何かと大変ですよね。

 そこで今回は、家族と家事の在り方を考えてもらおうと、家庭教育講演会「楽家事でいこう~きっと毎日が楽しくなる~」をテーマに、大学卒業後、サラリーマンなどを経て結婚し、主夫になられた山田亮氏(家事ジャーナリスト)をお迎えし、高松市生涯学習課との共催事業として家庭教育講演会を行いました。

 男女平等の理念を受け入れた日本。「男は仕事、女は家庭」といった図式は、男女関係なく同じ条件で仕事をしているのだから男性にも家事・育児が求められるのは当然という声がある反面、依然として育児は母親がすべきという声もあり賛否両論あるでしょう。しかし、男性の家事・育児を推奨する声もあることから、抵抗感も減り、共同化・共家事しやすい時代となっていることも事実です。

『家事は出来る人が出来ることをすればいい』

 例えば、ご飯を食べた後の食器を水につけてくれるだけでも食器洗いが楽になります。ひとりひとりができることを実践するだけで楽家事に繋がります。

『男性の生活自立が夫婦を救う』

 人は皆、男性であっても女性であっても、いつかは誰もがひとりになる可能性があります。幸せな老後をおくるには、ひとりになってしまったときに自立して生きていけるよう、準備をしておくことが大切です。あなたの自立度をチェックしてみましょう。

いかがでしたか?たくさんチェックが入るほど自立している証しです。

実際に家事を手伝うようになった男性からは、

  • 妻の行動に理解を示すようになり、妻に対する気持ちが変わった。
  • 子どもと接する時間も増え、家庭内の雰囲気が良くなった。

という意見もありました。将来を見据え、子どもたちにお手伝いさせることも大切ですね。

 毎日楽しく家事を行い、あなたらしい家族のカタチを創ってみてはいかがでしょうか。

書き損じ葉書回収事業のご報告

 2015年12月~2016年2月の期間中、各単位PTAにて書き損じ葉書、テレホンカードの回収を行いました。

募金の総額は165,897となりました。

 お預かりした募金は、以下の商品に代えて、社会福祉法人「弘善会」児童擁護施設 讃岐学園に寄付させていただきました。

学習机 3台 学習椅子 12脚 目録一式

                    計 157,311円  ※ (株)ニトリにて購入

 残金8,586円は、28年度書き損じ葉書回収事業に繰越し、28年度の募金と合わせて寄付させていただきます。

 ご協力ありがとうございましたm(_ _)m

讃岐学園さまよりお礼状が届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高松ふしぎ発見隊!

今年も「高松ふしぎ発見隊!」が出動いたします。

平成27年度 市P連家庭教育推進委員会事業としまして


高松ふしぎ発見隊!「屋島再発見~あなたの知らない屋島の世界~」

 ◆普段行くことが少ない屋島北嶺の散策

 ◆残念ながら閉館となってしまう新屋島水族館の見学

 ◆本県の漁業や水産物についての感心や理解を深めてもらおうと水産試験場の見学

 

 を企画致しました。

夏休みの自由研究としてもよいと思いますので、ぜひご案内していただければと思います。
人数に制限があり、受付開始は7/15(水)9:00~FAXのみの受付とさせていただきます。
たくさんの応募お待ちしております!

 

この応募は募集人員に達したため、受付は終了しました。
今後も親子で参加できる楽しい企画を考えて参りますので、よろしくお願い致します。

詳細はこちら→高松ふしぎ発見隊_B4横_