活動方針および重点事業

【活動方針】

 PTA活動の原動力は、「子どもたちのために!」という想いではないでしょうか。
高松市PTA連絡協議会は、各学校単位のPTAと連携・活動の諸問題を共有・情報発信を行うことで、新しい時代のPTA活動を模索し、大人たちが協力し、繋がり,
学び合っていくための場所づくりにしたいと考えています。
 家庭はもとより、学校・地域のみならず、行政との連携を深め、教育への理解・振興、教育環境の充実・改善に向けて取り組み、子どもたちの健全育成と家庭教育の充実に努めてまいります。

 

本年度の活動方針を踏まえ、次の委員会を設置し、検討・推進活動を行います。

・未来の学校検討委員会

 教育委員会などの行政機関との連携を深め、さまざまな意見交換を通して情報や課題を共有し、地域とともに子どもたちの教育環境の充実を図る。

 ①教育委員会との意見交換会を開催し、子どもの教育環境について討議を行う。

 ②学校・PTAの問題を共有し、情報交換を行うことによりPTA活動をサポートする。

 

子どもの安全推進委員会

 情報化社会に生きる子どもたちに正しい情報モラルを身につけさせる取り組みを推進し、子どもたちが豊かな心を育む環境づくりを考える。

 ①「生活指導者研修会」を実施し、子どもたちの安全な環境づくりについて研修を行う。

 ②PTAメール連絡網を整備し、単位PTAでの活用を推進する。また、青少年育成センターと

  連携し、不審者情報の配信を行うことで、子どもたちの安全確保並びに健全育成を図る。

 ③書き損じ葉書等回収事業を通して、収益金を各種慈善事業に活用する。

 

家庭教育推進委員会

 子育ての原点は家庭であることを再認識し、家庭の教育力向上を目指して、情報交換や講演会など研修会を実施する。また、人権教育や自然体験学習など、子どもたちのより良い成長の環境作りを考える。

 ①讃岐の歴史や由来、美しさや環境など、自然体験学習を通して学ぶとともに、家庭教育推進事業の一環として、高松ふしぎ発見隊!を実施し、親子のふれあいを図る。

 ②人権啓発活動を通して、一人ひとりの人権の大切さを学ぶ機会を作る。

 

女性代表者委員会

 広報活動・研修会などを通して、共に学び、母親の立場から幅広くPTA活動に取り組めるよう情報を発信していく。

 ①研修会等の企画・運営を行う。

 ②ファミリー読書の推進活動を行う。

 ③広報紙を発行し、広報活動を行う。また、研修会を実施し、単位PTA広報紙の充実を目指す。

 ④食育について考える機会を作る。

Comments are closed.